HOME>懐かしさ溢れる美術館>懐かしさ溢れる美術館

女の子に人気の観光スポット

昔ながらの商店街や町並みが残る荒川区の北部に位置している町屋エリアは、街の北東に荒川が流れていて、小学校などの教育施設が点在している住宅街です。そんな町屋に美術館があるのを知っているでしょうか。町家に存在する美術館、その名も「ぬりえ美術館」は、町屋二丁目駅から北へ歩くこと約7分、明るいブラウンの外壁のモダンな建物が出迎えてくれる美術館です。主に、美術館の正面にも飾られている、昭和20年代~30年代にかけてブームとなった蔦谷喜一の「きいちのぬりえ」の作品が展示されており、カラフルで可愛い女の子のぬりえを存分に鑑賞することができます。他にも海外のぬりえや、きいち以外の日本のぬりえも展示、紙を切り抜いて遊ぶ着せ替えなども展示されています。また、ぬりえコーナーも設置されていますので、実際にぬりえを体験することも可能、子供も大人も一緒に楽しめる空間を提供しています。きいちが描く、大きな瞳に丸いフォルムという独特のイラストは、当時を知る方には懐かしく、現代の女の子にとってはレトロで可愛い新しい世界です。日本のかわいい文化の原点と言っても過言ではない「きいちのぬりえ」を、ここまで集められた美術館はぬりえ美術館だけでしょう。なお、2002年8月3日に開館したこの美術館の開館日は土日祝で、小学生以下の子供は入場無料、季節に合わせた展示内容や企画展なども行われています。

もっと見る